債務整理・借金問題|藤沢市の弁護士なら弁護士法人 湘南LAGOON|過払金返還請求

債務整理・借金問題|藤沢市の弁護士なら弁護士法人 湘南LAGOON|過払金返還請求

債務・借金問題

債務・借金問題

任意整理 自己破産
個人再生 過払金返還請求

債務整理の方針としては、任意整理、自己破産、個人再生、あるいは通常の民事再生を検討します。
また、債務の原因となっている問題(離婚問題、労働問題、ギャンブル等々)についても、適切な解決方法を提案することが可能です。


過払金返還請求


過払金返還請求

過払金返還請求は本来、任意整理の延長上の手続きであり、債権者との和解交渉をする際、法律で定められた適正利率(利息制限法)で計算をします。この計算により、過払い金(払い過ぎた利息)を残高から差し引くことで手続き前の残高が減ったり、結果的に債務が無くなったりします。その際に払い過ぎたお金が返還されるのです。

過払金発生の仕組みは、金融業者が利息制限法以上の金利を利用者から取っている場合が原因です。利息は利息制限法により一定の基準が予め定められおり、借金が10万円未満の場合の上限金利は20%、借金が10万円以上100万円未満の上限金利は18%、借金が100万円以上の上限金利は15%、となっており、これ以上の利息は過払利息となります。過払金とは、これらの上限金利を超えた利息の為に支払った金額のことです。

過払金は、どのくらい発生しているかというのは、借りている金額や期間、月々の支払額などにより決定します。また、借りている期間内に借入枠が増えた場合や利率の変更があった場合にも変わってきます。その為、払い過ぎているのか、もしくは過払金返還請求を行うことが出来るのかどうかの判断は、一概には決められません。しかし、7年から10年くらいの取引があれば、発生している可能性は高いものと思われます。

過払金返還請求は通常、任意整理や個人民事再生を行う際の延長線上に発生する事がありますが、自己破産の際にも返還請求をする事は可能です。通常、自己破産を選択する時点では、これ以上借金や、利息の返済が出来ないために行われると思いますが、ここで返還請求が出来たらどうなるでしょうか?

もし払い過ぎていれば当然元本から差し引かれて、借金が減ったり、もしかしたらお金が返ってくる可能性もあるのです。借入期間が短い場合でも、可能性が有れば計算してみるのはいかがでしょうか?返還請求によって借金が減れば、返済不能状態から抜け出せて、自己破産をする必要が無くなるかもしれません。

実際に支払っている利息はどのくらい?また、過払金返還請求の手続きを取る際の疑問などがありましたら、過払金返還請求は難しい、業者が取り合ってくれないと諦める前に相談してみて下さい。お一人で悩まず、まずは無料相談から解決の一歩を踏み出して下さい。


よくあるご質問

費用のご案内

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!ご相談からご依頼、事件解決までの流れをわかりやすくご案内致します。

土地建物の明け渡し・立ち退き、滞納賃料の回収など、迅速・確実な解決を実現して参ります。

メールは24時間受付